買取再販リノベーション戦略コンサル

買取再販事業の参入

あなたの会社が買取再販事業の参入を検討していけれど、経験が無い為に躊躇している。または買取再販物件を活用してリノベーション工事を積極的に取りに行っているものの、思うような結果が残せていない。そんな悩みを抱えているのならば、一度コンサルティングを受けてみてはいかがでしょう?

例えば「GRiMZ」なら、リノベーション事業を早期に起動に乗せて円滑に進めて頂く立上げ支援から、請負の受注率を改善するコーチングに至るまでを強力にサポートしてくれるでしょう。

買取再販リノベーション戦略の主なターゲットは、買取物件の近隣住人です。ターゲットからリノベーション受注を狙うには、買取再販物件を近隣住人が抱えた問題を解決したリノベーション物件にする事が重要ですが、その為には「ドライテスト」の実施をしましょう。このドライテストの一手間を掛けるか否かが、大きな鍵を握ります。ちなみにターゲットエリアは、戸数の多いマンション群、または集合住宅の密集地です。

仮住まいを征する

買取再販と似た間取りや広さの近隣住人が多ければ多いほど、リノベーション集客に有利ですが、リノベーション受注に立ちはだかる最大の難関は、仮住まい問題です。お客様は、通勤や通学、最寄りのスーパー等、環境の変化をきらう為、不動産の買換え時に同じエリア内で引越しする方も多数おられます。リノベーションも同様に、約2ヶ月間の工期でも出来る限り環境は変えたくないと思われる方は大勢おられるのです。

そこでターゲットと同棟や隣棟等、なるべく近い場所に仮住まいが必要になります。商談時からターゲットの近くに仮住まいを用意しておきましょう。その為には、ターゲット物件やエリアを定めた段階で、買取再販物件と仮住まい物件の2つを同時期に仕入れる必要があります。

既に仮住まいがある事を前提に商談できれば、競合他社と大きな差別化になる為、リノベーションの受注率や粗利率の向上に繋がります。仮住まいを征する企業が、買取再販リノベーションを征するのです。